11月3日のライブを終えて!

今回のライブは私のオリジナル曲をヴァイオリンorマンドリン、ウッドベース.アコギorピアノの3人編成、アコースティックライブでした。今年は様々なチャレンジをしたくて、9月にいつもサポートしてくれている、ヴァイオリンのtact君に頼み、ウッドベースの弾けるベーシスト、ケイト君を紹介してもらい、リハーサルを積み重ねてきました。昨年までの自分は、ギターの弾き語りをとにかくミスなく弾き語れるように意識し、練習し、ライブをしてきました。それは、昨年の5月からギターのサポートを入れず、レコーディング、ライブをする事になり、それまでタラタラとやってきた事を、本気で変えようと思い、様々な指導を受けにいきました。

指導された事を出来たらOK、出来なければ、何度も繰り返し練習する。

今も、やり方は変わってないけど、今年に入った頃から、感じる事、見える事、聴ける音が変わってきた。

それは、今、サポートしてくれてるメンバーはもちろん、昨年末に新しいギターの先生に出会えた事が大きい。その先生はギターの音色に拘り、とても細かく指導してくれる。わかりやすく、優しく、そして厳しく。ギターに関して、ちょっとどうしたらいいのか?悩んでいた私は、この先生に出会えて、本当に嬉しかった。

そして、この2年習っているベースの先生の存在も、今の活動をする私にとっては、本当に有難い存在。ライブでベースを弾いたことはないけど、リズムの取り方、音楽への向かい方、様々な事をここで学んでいる。

そして、今のサポートしてくれているメンバーからは、本当に色々な事を教えてもらっている。音楽に対して、私の知らない世界を沢山知っているので、質問すれば、真剣に答てくれる。そして、一緒に演奏すれば、ビシビシ厳しく指導してくれる。有難い事だと思う。

11月3日のライブは、過去のライブの中でも最高のライブだったと思える程、そこでの空気感が違った。演奏、メンバーとの関係、お客様との距離感、そこにいる人達みんなで作った時間。まさしく、そんな感じだった。

1日1日の積み重ねが、どれほど大切か!という事が心に刻まれた日だった。

いらして下さったお客様有難うございました。

ライブを思い出し

ずっと、ブログ更新してませんでしたが、また、ちゃんと更新したいと思います。

(何度目の正直だ??)

さかのぼる事、約1カ月前7月7日は

イタリアンレストランUGOでの企画ライブをしました。

UGOの美味しい料理とワイン、そして和菓子プロデューサーによる和菓子セレクト、そして、広島からベーシスト島原正樹さんをお迎えし、アコースティックライヴを行いました。

このベーシストは、私が3年前にギターの合宿なるものに参加した時、サポートでいらしていた方ですが、同い年という事で意気投合し、東京にいらっしゃる時は食事をしたり、お話させて頂いてました。

たまたま、私企画のライブに出演してくださるということになり、2回のリハをし、ライブしました。

ライブ内容は私のオリジナル曲中心で、いつものベーシストとは違うアプローチで、リハからワクワクしてました。

ふと、ピアノ曲を弾いている時、不思議なご縁で2人でライブをする事になったと気がつき、ちょっと感動でうるうるしてしまいました。

その事を伝えると、あっそう!と、島原先生はそっけない💦後で聞くと、スタジオ時間限られているから、感傷に浸らず、曲リハしないと終わらないと思って!と。

たしかに!!

そりゃそうです。でも、きっと照れもあったと思う。

私は今、生きている中で、ご縁で繋がっている人たち、皆んな本当に素晴らしい方ばかりで、いつもその事に感謝します。

皆さんのお陰で、どれだけ救われ、楽しませて頂いているか?

ほんと有り難い事。

ライブ当日はお客様もアットホームな雰囲気で喜んで下さいました。

そして、飛び入りでヴァイオリンのtact君が参加して下さり、アコースティックの中にも、華やかな音を入れてくれました。

有り難い!!

最後は初めましての島原先生とtact君でセッション!お客様大喜びの中、幕を閉じました!

これからも、こういうライブは続けていきたいです。

沢山、勉強させて頂きました。

結婚式

いとこの子の結婚式がありました。

この日の為に一曲書いて欲しいと、書いた曲「この場所」が写真のスライドショーのバックで流れました。

小さな時から知っている子の結婚式は感慨深いものがあります。

想いの全てを入れたこの曲は、新郎新婦、両家ご両親も気に入って頂いたようで、嬉しかったです。

お幸せに!

対バンライブ

7月14日に

ライブハウス晴れたら空に豆まいて

で、女性シンガーソングライター3組の対バンライブに出演しました。

初の参戦でトップバッター!

この日はアコースティックライヴという事でサポートには、ヴァイオリンtact君とベース小倉さんという、いつもサポートして頂いている2人に一緒に出演して頂きました。

直前リハで、2人から、ギターのリズムや細かいアドバイスがあり、私は当日まで克服していく練習を続けました。

当日、集中し、演奏終えると、今日の演奏は今までで一番良かったんじゃない?と、2人に言われ、やった〜〜!と嬉しい気持ちでいっぱいになりました。

もちろん継続していかなきゃいけないし、終わりはないのですが、やり続けている事を、一番身近な人に褒めてもらえた事は、本当に力になります。

これからも精進です。

この日は、対バンの皆さんとも仲良くなり、和気あいあいの中で楽しい時間でした。

ありがとうございました。