映画「アラジン」を観て!

映画「アラジン」をレイトショーで観てきました。

子供に誘われて、軽〜い気持ちで行きましたが、

ミュージカル映画で、歌も踊りも演出も素晴らしく、ディズニー映画の底力を知りました!

そして、内容もなかなか深い!

私がアラジンを観て気付かされたこと!

*誰にでもジーニー🧞‍♂️はいるなー!それも何人か!→自分にとって、場面場面で助けてくれるジーニーは誰にでもいるんじゃないかな?いない!って思う人は気づいてないだけ!

*本当の自分で勝負。→願いが叶い王子になって王女と結婚したいアラジン。ジーニーは本当の自分で勝負したら?と促す!本当の自分でいつも勝負しようと思う人はカッコつけなくてもカッコいい〜〜!

*願いが叶うという事。→願いが叶い王子になったアラジンですが、立ち振る舞いはちょっと場違いだったり!その人の技量やキャパが備わらない内に願いが叶っても、ちょっと痛い事になるよな〜〜!結局、自分が努力して見合う姿になった時、願いって叶ってるんだと思う。

*3つの願いが叶う場合、2つは自分に、1つは誰かの為に!→みんな自分の為だけに使おうとするけど、人の願いを叶えてあげて喜んでる事を感じたら、自分も嬉しいし幸せだと思う。反対に人の為に全部使うのは、偽善。自分を喜ばせないのも駄目だと思う。その辺の無価値感強い人も結構いるな〜〜!

そんなこんなに気づかせて頂いた映画!

学びました。

らしく

ちょっと久しぶりの投稿になってしまいました!

最近、曲を作っている時に、自分らしい!って?と考えるようになりました。

以前は無意識に本能で作っていたような。

なので今、聴くと「どうした?」と聞きたくなるような曲だったりします 笑

その時々の精神状態や、何か初めての気づきがあった時だったり、自分の気持ちのままに曲を作ってました。

今は、本能の上に「自分らしい」を考え、意識して入れていくようになりました。

音楽場面だけでなく、私らしい!というのはとても大切です。

それを意識していると、私自身まだ気づいていない自分の好きな事、やりたい事、欲しいものがはっきりしてくるからです。

私らしい!に意識を向けず、人真似ばかりしていると、いつも情報に振り回され、環境に左右され、自分の中も外も忙しく疲れ果てます!

私らしい!を見つける事は、とても楽しく充実します。そして、その「私らしい!」を素直にお互い認められる関係の人たちと付き合っていければいいのだと思います。

情報に振り回され、他人の批判、評価ばかりしている人を相手にしてはダメです。所詮、その人達は、人真似で生きてる人々です。二番手は何も面白くない!

常に唯一無二を目指したいものです!!

穏やかな

大きなライブが終わると、少しの穏やかな時間が続きます。

いつものパターンです。

ミュージシャンによってだと思いますが、次々にライブを入れて、三食ご飯を食べるようにライブをする人もいます。

それは凄い事だなー!と思います。

私は一つのライブにかけるエネルギーがとてつもなく大きいせいか、少しの時間が、リセットするために必要なのです。

春になり、気温も暖かく、お天気も良く、花が綺麗で日が明るい。

この時期にまったり穏やかな時間、なんて贅沢なんだ〜〜。

幸せです!

とはいえ、CDを出したからには、営業しなくてはいけません。

色々考え、行動していきます。

得意に気づく

最近、楽器の練習をしていて気づいた事。

普段、毎日練習する事は、ライブの為の自分の楽曲の他にギターレッスン課題曲(エレキ用、アコギ用).ベースレッスン課題曲など、ひたすら、その曲をやりこみます。やりこむ中で、先生に注意されたところ、過去の練習から意識しなくてはいけないと思うところをひたすらやり続けますが、

私は決して器用ではないという事に気づきます。

何度も同じところでつっかえたり、同じところのリズムを間違えたり。

ほんと、馬鹿だな〜〜と思います。

ただ、その時にやんなって、ヤーメタ!って、ならないのです。

ひたすらできるようになるまで、やり続けます。

私の得意は、楽器をうまく弾く事ではなく、やり続ける事が出来るという事だと、気づきました。

やり続けた先には、楽器が得意になっている!

となったら、嬉しいな^_^