私の今まで!「メイクアップアーティストになった私」

子供と話をしていて、色々と久しぶりに思い出した!!

私は22歳で結婚して、次々に子供が生まれ、32歳の時は男の子三人のママになっていた!
毎日が戦争!1日1日無事に終わる事だけを考え、自分の事より、子供達や夫の事を最優先にし、気がつくと、40歳になっていた。
その頃の日常の唯一の楽しみが、全ての家事が済んでから、近くの本屋に、立ち読みに行く!だった。
まだ、スマホも普及していない時代で、ネットで情報も得られず、本屋の立ち読みで、その頃の流行りや、かっこいい生き方をしてる人の本を読んでは、想像を膨らませていた。
3番目の子が小学生になり、このままの自分に飽き飽きしていた私は、プロのメイクアップアーティストになりたくて、専門学校の入学を決めた。私の歳の半分くらいの子達と一緒に勉強し、今の時代の流行りを教わりながら、声をかけて下さった先生のアシスタントになり、プロの道への訓練をした。
先生の仕事を大分こなせるようになった頃、私の周りの友人達から、メークを教わりたい!やヘアーメイクして!と仕事が入ってきた。この事をきっかけに、綺麗な女優さんやモデルさんではなく、普通の人でまだ、自分の魅力に気づいてない人をメイクしたい!との思いが募り、フリーのメイクアップアーティストになった。
ちょうど、その頃、自分のアーティストとしての原点になる出来事が起こった!
続きの「音楽活動編」は、次のブログで書きます。