肌への考え方!

今日から仕事初めの方も多いと思います。年末年始は、久しぶりの方に会ったり、美味しい物食べたり、楽しい経験沢山しますが、主婦になってからの何十年間は、とにかく主婦は忙しいので、お正月は来て良し、終わって良し!という気持ちです(^^)

今日はちょっと肌について考えます。
若い時と今の肌、どちらが好き?と聞かれると、大抵の人は、そりゃー若い時のピチピチした肌!と、とっさに答えるかと思いますが、それはちょっと違う気がします。
もちろん、何もしないでも乾燥することもなく、水々しく、パーンと張ってる元気な肌は魅力的ですが、それはある年齢までのいっ時。
肌質にもよりますが、やはり、色々とケアし、長く大切にしてきた肌というのは、すぐに分かります。
ずっと育ててきた肌。
この感じが大切だと思うのです。
何かトラブルが出たから治す!というより、
大切に大切に、常に育てたら、肌にトラブルは出ないと思います。
ここで注意は決して過保護にし過ぎるとか、高級化粧品を使うという意味ではありません。
肌は日頃の生活習慣、食、体の具合を表すので、表面的につける物以外でも、気をつけなきゃならないことが沢山あります。
そして、体への負担、肌への負担がないよう、ストレスを溜めない気持ちに心がける。
自分の肌を敏感に観察し、その時に必要な化粧品に変えていく。
お客様で、このような事に気をつけて、肌を育ててる方を見る度、決して若いという年齢だけで、肌が綺麗!という事はないように思います。
何をするにも当てはまると思いますが、
こうなったから、こうしてる!ではなく、
こうなりたいから、こうする!
という思考でいたいと思います。