映画「アラジン」を観て!

映画「アラジン」をレイトショーで観てきました。

子供に誘われて、軽〜い気持ちで行きましたが、

ミュージカル映画で、歌も踊りも演出も素晴らしく、ディズニー映画の底力を知りました!

そして、内容もなかなか深い!

私がアラジンを観て気付かされたこと!

*誰にでもジーニー🧞‍♂️はいるなー!それも何人か!→自分にとって、場面場面で助けてくれるジーニーは誰にでもいるんじゃないかな?いない!って思う人は気づいてないだけ!

*本当の自分で勝負。→願いが叶い王子になって王女と結婚したいアラジン。ジーニーは本当の自分で勝負したら?と促す!本当の自分でいつも勝負しようと思う人はカッコつけなくてもカッコいい〜〜!

*願いが叶うという事。→願いが叶い王子になったアラジンですが、立ち振る舞いはちょっと場違いだったり!その人の技量やキャパが備わらない内に願いが叶っても、ちょっと痛い事になるよな〜〜!結局、自分が努力して見合う姿になった時、願いって叶ってるんだと思う。

*3つの願いが叶う場合、2つは自分に、1つは誰かの為に!→みんな自分の為だけに使おうとするけど、人の願いを叶えてあげて喜んでる事を感じたら、自分も嬉しいし幸せだと思う。反対に人の為に全部使うのは、偽善。自分を喜ばせないのも駄目だと思う。その辺の無価値感強い人も結構いるな〜〜!

そんなこんなに気づかせて頂いた映画!

学びました。