レコ発リリースライブ

3月30日

4thアルバム「NATURAL」リリースライブ無事終了しました。

この一年、この日のために頑張ってきたと言っても過言ではないです。

昨年、4月に銀座ヤマハスタジオでワンマンライブをした後、音楽活動の上で信頼していた人との別れがあり、そこから、どうやって自分が音楽を続けられるか?模索し、悩み苦しんでました。

別に辞めても誰も困らないし、もういいか〜!と弱気になったり。

でも、歌いたい、曲を作りたい、続けたい気持ちはなかなか断ち切れず、色々と考えました。

それまで人から言われてきた言葉。

自分自身が感じていること。

一つ一つ汲み上げて、やってみようと、歌、ギター、楽曲作りの指導を受けに行ったり、いいと言われる事は、全てやってみました。

そうしていると、不思議に物事が動いてきて、サポートミュージシャンが見つかり、レコーディングが出来る事になったり、自分の活動が活発になっていきました。

レコーディングも今までは全て人任せだった事を自分でやろうと、前準備としてギターは音源全て自分で入れようとアレンジしたり、歌い方の指導を受けたり!

レコーディング3日間も、なかなか上手く出来ない自分を根気よく支えてくれるエンジニアさん、メンバーのみんなのお陰で無事に終わり、次なる段階のCDという商品にしていくという作業も自分で構成を考え、写真を撮り、デザイナーと打ち合わせ作っていった。

同時にホームページを作るために、ウェブデザイナーさんとのミーティング。

こうして作っていったCDを3月30日に発表する為、メンバーとのスタジオリハ!それを持ち帰り、自主練を続けていった日々。

こうした流れの後の30日のライブ。

沢山の縁のある方々がお客様でいらして下さり、皆さんと過ごした2時間のライブを終えた後、確かに私の中で何かが変わった!

こんなにも達成感を感じた事は今までは、なかったと思う。

そして、気づかされた事も沢山出てきた。

誰かのせいにしている内は、何にも出来ていないということ。人に頼り自分で立てない言い訳をずっとしていても何も変わらないということ。準備、練習は裏切らないということ。

そして、離れてしまった人も含め、自分にとって影響を与えてくれてる人達への感謝の気持ち。悔しいとか負けたくないと思わせてくれたから、ここまでやってこれた。これはある意味、物凄い先生なんだと思う。

今日の11時30分に新しい年号に変わる。

正しく新生WAKAをこれからやっていく!

なんていいタイミングなんだろう。

これからを見て欲しい。

有難うございます。感謝。