レコーディング 二日目

レコーディング2日目。ちょっと疲れはあるものの、何とか調子はいい。朝、部屋でインスト曲を一度合わせてから、3人でスタジオへ。行く途中、昨日のwakaさんは、相当変だった!と2人に言われ、何が?と。自分の録る番になってから、笑わなかった!って。目も合わさないし、気を遣っちゃったよ!と。えーっ⁉️わたし、そんな態度だったの?自分にいっぱいいっぱいで、気がつかなかった。確かに自分との葛藤をずっとしていたから、周りが見えてなくて、そんな感じを出してしまってたんだ!すまん!そんな中でも、ケイト氏は、優しい声かけしてくれてたな〜〜。tact氏も、なりに気を遣ってたしな〜〜!しかし、相当年上の私は、素直になれず、2人には、とぼけてしまった 笑 この場を借りて謝ります🙇‍♀️そんな状態から始まる二日目!昨日と同じ彼らからの録り。少し苦戦してる場面もありつつ、やはりキッチリ決めてくる。さぁ、私の番だ!苦手な3フィンガーピッキングも何とか録り終え、残り歌2曲。思い残す事ないよう歌わなくちゃ!と。

全てが終わり、ご飯を食べ、それぞれの家まで車で送る途中、二日間のレコーディング曲をみんなで聴いた。凄くいい。涙が出そうになった!(これを言うと、tact氏はそれは、泣いてない💦と言う。)いつも思う事だけど、何もなかったものをゼロから作り上げ完成させることが大好き。それが出来た時の喜びは、何にも変えがたい!曲を作り、演奏し、音源にする。そこには、人の想いと、積み重ねた技術と、縁の繋がりでしかなし得ないものだから。これが出来た時、改めてシンガーソングライターになって良かった!と、つくづく感じる瞬間。この曲達が、共感してくれる人に届くよう、私はこれからも頑張らなくちゃと思う。そして、今回の作品作りで、自分のやりたい事が分かった気がする。長い時間かかったけど、気づいた時がやり時👍もっと深く追求していこう!そんな誓いのレコーディング終わりになりました。

最後にサポートしてくれた2人には感謝しかありません。音だけでなく、沢山サポートしてもらいました。順調に終える事が出来たのはtact氏、ケイト氏のお陰です。

ありがとう。