センス

音楽活動やヘアーメイクの仕事をしていると、センスって大事だな〜と、つくづく思います。

音楽活動の場合、楽曲、音源、ジャケット、衣装、イメージ、様々な場面でセンスを問われます。好きや嫌いという好みとは別に、本来のセンスを感じるもの、感じないもの。色々な事を他人にサポートして頂く場合、私がしたい事、求めるセンスをどれだけ汲み取って下さる方か?その人の力量にかかってきます。

最近では、レコーディングの時、サポートミュージシャンがこちらの好みを感じ取ってくれて演奏してくれた。エンジニアさんが、こうゆう感じ好きでしょ?と音源を作ってくれた。

ジャケットのデザインを一緒に話し合いながらこちらの意向を形にして下さった。

写真や映像を撮って頂くにも、カメラマンのセンスはとても気になるところです。

そんな中、この数ヶ月、色々と話し合い私のHPが出来上がりつつあります。

WEBデザイナーの方のセンスが光るステキなHPに仕上がりました。

過去の失敗から、やはりセンスのいい方たちと関わらないと、自分の欲しい形にはならない事を学びました。

センスのいい方は、普段の生活、持ち物、思考が素敵です。

そして、感覚がとても合うので、共通点が沢山出てくるのです。

私もセンスの良さを求め、日々、刺激されるものを見たり聞いたりしたいと思っています。